香港 / 7月16日より、12万香港ドル以上の現金類を持ち込む際は申告が必要に

2018年7月16日(月)より、香港入国時に12万香港ドル(日本円で約180万円)相当を超える現金、トラベラーズチェック、小切手などを持ち込む場合、税関にて申告が必要となります。

 持ち込み金額の上限は特に設けられておりませんが、違反(未申告)が発覚した場合には2,000香港ドル(日本円で約3万円)の罰金が課せられます。(初犯の場合)
特にマカオで大きく儲けて、香港経由で帰国する方などは注意が必要です。

 以上、ご注意ください。

情報提供:TRAVEL VISION