成田、「AI搭載ボーディングブリッジ」試験導入、時間短縮に期待

成田空港は2018年度末に、AIを活用して航空機のドアに自動で装着できる機能を搭載したボーディングブリッジを第2ターミナル64番スポットに試験導入する。「スマート・エアポート」や「ファストトラベル」などのサービス向上策の一環で、成田空港としては初めて。

 新たに導入するボーディングブリッジは、AIと画像認識技術によって航空機のドアを認識することで運転者個人の技量に頼らず均質で正確な接続を可能とし、装着のやり直しなどがなくなり待ち時間を削減できるという。

 導入に向けた準備として、航空会社の協力のもと既存ボーディングブリッジでAIの学習に使用する画像データを収集。19年3月を目処に更新する本機能を追加して、使い勝手や安全面などの評価・検証をおこなう。検証により有用性が確認されれば他の搭乗橋への導入も検討する。

情報提供:TRAVEL VISION