スカイトラックス、18年最優秀はシンガポール航空、LCCはエアアジア

 英国の航空サービス格付け会社のスカイトラックスは7月17日、「2018年ワールド・エアライン・アワード」の結果を発表した。「World’s Best Airlines」の1位は、昨年2位のシンガポール航空(SQ)が受賞。2位は昨年1位のカタール航空(QR)、3位は昨年と同じ全日空(NH)となった。日本航空(JL)は昨年は16位だったところ、今年は13位に順位を上げた。

 1位のSQは今回が4度目の受賞で、スカイトラックスによると、プロダクトとサービスの両方で高い評価を受けたという。なお、同社は「World’s Best First Class」「Best Airline in Asia」「Best First Class Airline Seat」でも1位を獲得している。

 同調査は2017年8月から2018年5月にかけて実施。335社に100ヶ国以上から2036万件以上の評価が集まった。

 

情報提供:トラベルビジョン