客室乗務員1位はガルーダ、3位に全日空-スカイトラックス

英国の航空サービス格付け会社のスカイトラックスがこのほど発表した「2018年ワールド・エアライン・アワード」のうち、客室乗務員のランキング「The World’s Best Airline Cabin Crew」の1位はガルーダ・インドネシア航空(GA)となった。GAの受賞は2014年から5年連続で、スカイトラックスでは「他に前例がなく注目に値するもの」としている。2位はシンガポール航空(SQ)、3位は全日空(NH)だった。このほか、7位に日本航空(JL)が選ばれた。

 客室の清潔さのランキング「World’s Best Airline Cabin Cleanliness」の1位はNH、2位はエバー航空(BR)、3位はアシアナ航空(OZ)だった。JLは5位にランクインした。

 機内のエンターテイメントのランキング「World’s Best Inflight Entertainment」の1位はエミレーツ航空(EK)、2位はSQ、3位はカタール航空(QR)となり、上位3社のうち2社が中東系航空会社となった。日本の航空会社はJLが17位、NHが20位だった。

 空港でのサービスのランキング「The World’s Best Airport Services」は、1位がBR、2位がNH、3位がキャセイパシフィック航空(CX)だった。

 各ランキングの詳細は下記リンクの通り。

 

情報提供:トラベルビジョン