主要50社、4月の海外旅行は14%増、リアルAGT好調

観光庁が取りまとめた主要旅行会社50社の2018年4月の旅行取扱状況で、海外旅行取扱額は前年比13.8%増の1499億688万円となった。

 企業別で見ると、最も取扱額が大きかったのはJTBグループ12社の419億2829万円で、次いでHIS6社の303億4343万円、阪急交通社3社の156億1378万円などとなった。

 一方、伸び率は取扱額が602万円から1716万円に伸長した名鉄観光バスが185.2%増で1位。取扱額が10億円を超える企業では旅工房の33.6%増、100億円超ではHISの22.3%増が最も高い結果となった。

 伸び率の上位には、菱和ダイヤモンド航空サービスや日産クリエイティブサービスなどインディビ系の旅行会社や阪急交通社、KNT-CTホールディングスなども名を連ねており、いわゆるリアルエージェントが好調な実績を残している。

 このほか、50社の海外募集型企画旅行の取扱状況は、取扱額が6.4%増の271億163万円、取扱人数が1.1%増の13万1107人であった。

 なお、国内旅行は2.9%増の2578億9016万円、外国人旅行は19.7%増の276億6469万円で、合計は7.4%増の4354億6173万円となった。

 

情報提供:トラベルビジョン