8月の国際線需要は5.6%増、アジア太平洋の好調続く

国際航空運送協会(IATA)によると、2018年8月の国際線利用動向で旅客需要の大きさを表す有償旅客キロ(RPK)は前年比5.6%増となった。

座席供給量を表す有効座席キロ(ASK)は5.1%増で、ロードファクターも0.4ポイント増の85.0%となった。

続きはこちらから

情報提供:Travel vision