エア・カナダ、日本からルージュ撤退へ、来夏の関空線はAC機で継続

エア・カナダ(AC)はこのほど、夏の季節運航便として関空、中部/バンクーバー線を運航しているエア・カナダルージュについて、今年の運航を最後に日本から撤退することを決定した。関空線については2019年夏もAC機で運航を継続。中部線は来夏は運休する計画で、20年以降の予定は決まっていない。

続きはこちらから

情報提供:トラベルビジョン