アリタリア、法人強化で長距離線に活路、羽田にも前向き

アリタリア-イタリア航空(AZ)は10月22日、東京の駐日イタリア大使館でレセプションを開催した。AZは経営難が続いていたが、CCOを務めるファビオ・マリア・ラッツェリーニ氏によると、今年は第3四半期まで好調に推移しており、旅客数やロードファクター、売上などがプラス成長。具体的には、例えば第3四半期の売上は前年比7.1%増、ロードファクターは1ポイント改善する見込みで、決算も黒字化する見通しという。

続きはこちらから

情報提供:トラベルビジョン