日本航空、20年までに成田/ベンガルール線-19年度計画も発表

日本航空(JL)は1月23日、2020年夏ダイヤまでに成田/ベンガルール(旧称バンガロール)線を開設する計画を明らかにした。ベンガルールはIT産業が盛んなことから「インドのシリコンバレー」と呼ばれる、デリー、ムンバイに次ぐ同国第3の都市。同路線の開設により、経済成長が著しいインドの南部と、日本および北米を結ぶ路線網を拡充する。

 なお、現時点で日本とインド南部を結ぶ直行便は運航されていないが、同日には全日空(NH)も19年冬ダイヤ期間中に成田/チェンナイ線の就航を発表している。成田/ベンガルール線の詳細は以下の通り。

成田/ベンガルール線運航スケジュール(開始時期未定)

便名 出発空港 出発時間 到着空港 到着時間 運航日
未定 NRT 18時25分 BLR 00時05分(翌日) デイリー
未定 BLR 02時45分 NRT 14時55分 デイリー

 同社はあわせて、JALグループの2019年度路線便数計画についても発表した。国際線では3月31日に成田/シアトル線のデイリー運航を開始するほか、17年のビザ取得要件の緩和以降、需要が顕著に増加している成田/モスクワ線を3月31日からデイリー運航に変更。また「JAL SKY SUITE」仕様機材を新たに成田/ バンクーバー、サンディエゴ線、関空/ロサンゼルス線にも導入する。これにより北米・欧州・豪州の長距離路線のビジネスクラスはすべて、フルフラットシートを装備することとなる。

 全日空(NH)のA380型機導入により競争が激化するホノルル線は夏季の繁忙期に加えてゴールデンウィークにも「JAL SKY SUITE」仕様のB777-300ER型機を投入。ファーストクラスサービスを提供する。

情報提供:Travel Vision

新規就航

路線 便名 時期 機材 便数 備考
成田/シアトル JL068/067 3月31日~ 787-8 (SS8) 週0便→週7便
(新規開設)
発表済み

増便

路線 便名 時期 機材 便数 備考
成田/モスクワ JL421/422 3月31日~ 787-8 (SS8) 週4便→週7便 デイリー

期間増便

路線 便名 機材 備考
成田/グアム JL8943/8944 767-300ER(SS6) 4月28日、30日、5月3日、6日運航
成田/シカゴ JL8056/8055 787-8(SS8) 6月8日~9月3日の成田発月・水・木・土曜日
※4月28日のJL8944便、5月6日のJL8943便を除く

主な機材変更

路線 便名 時期 変更内容
成田/ホノルル JL780/781 4月9日~9月4日

4月26日~5月5日、8月8日~8月17日

9月5日~1月9日

777-200ER(SS2)→767-300ER(SS6)

767-300ER(SS6)→777-300ER(SS7)※

767-300ER(SS6)→787-8(SS8)

成田/グアム JL941/942 9月1日~1月9日 767-300ER(SS6)→777-200ER
※ファーストクラスを設定

JAL SKY SUITE仕様機材の投入路線拡大

路線 便名 時期 変更内容
成田/バンクーバー JL018/017 6月1日~ 787-8⇒767-300ER(SS6)
成田/サンディエゴ JL066/065 3月31日~ 787-8⇒787-8(SS8)
関空/ロサンゼルス JL060/069 3月31日~ 787-8⇒787-9(SS9II)