ANA1000万人超え、日系2社の年間旅客数が過去最高

全日空(NH)と日本航空(JL)の2018年の国際線の運航実績で、2社の旅客数の合計は前年比11.5%増の1922万8826人となり、2000年以来18年ぶりに最高記録を更新した。座席供給量を表す有効座席キロ(ASK)は9.4%増、旅客輸送量を表す有償座席キロ(RPK)は12.4%増で、利用率は2.1ポイント増の79.2%だった。

 このうちNHの旅客数は5.6%増の1014万4347人で最高記録を更新するとともに、初の1000万人超に。ASKは3.5%増、RPKは4.7%増、利用率は0.9ポイント増の77.1%となった。JLの旅客数は7.0%増の908万4479人で、ASKは5.9%増、RPKは6.8%増、利用率は0.8%増の81.8%だった。旅客数はNHが、利用率はJLがそれぞれ上回った。

日系航空会社2社 
2018年 国際線運航実績

  全日空 日本航空 合計
旅客数(人) 10,144,347 9,084,479 19,228,826
前年比 105.6% 107.0% 111.5%
旅客輸送量
(千キロ)
50,746,550 44,337,355 95,083,905
前年比 104.7% 106.8% 112.4%
座席供給量
(千キロ)
65,815,293 54,232,776 120,048,069
前年比 103.5% 105.9% 109.4%
利用率 77.1% 81.8% 79.2%
前年比 +0.9pts +0.8pts +2.1pts

 方面別の旅客数は、NHは全方面で前年を上回った。人数とその伸び率が最も高かったのは「アジア・オセアニア」で6.3%増の707万7138人だった。利用率が最も高かったのは「欧州」で0.7ポイント増の80.3%、利用率の伸び率が最も高かったのは「アジア・オセアニア」で2.3ポイント増の76.5%となった。利用率が前年を下回ったのは「北米・ホノルル」で0.7ポイント減の76.5%だった。

全日空 2018年 国際線利用実績

方面 旅客数 前年比 RPK
(千キロ)
前年比 ASK
(千キロ)
前年比 利用率 前年比
北米・ホノルル 2,187,440 104.3% 19,167,393 104.1% 25,068,717 105.1% 76.5% -0.7pts
欧州 879,769 103.0% 8,330,313 103.0% 10,369,937 102.0% 80.3% +0.7pts
アジア・オセアニア 7,077,138 106.3% 23,248,844 105.9% 30,376,638 102.7% 76.5% +2.3pts
合計 10,144,347 105.6% 50,746,550 104.7% 65,815,293 103.5% 77.1% +0.9pts

 JLの方面別の旅客数では、「韓国」が1.6%減の59万2578人となった以外は前年を上回った。最も多かったのは「東南アジア」で4.7%増の348万1029人。伸び率が最も高かったのは2017年9月から成田/メルボルン線のデイリー運航を開始した「オセアニア」で、33.4%増の21万2444人だった。利用率が最も高かったのは「韓国」で5.4ポイント増の85.2%。利用率の伸び率の1位は「中国」で7.3ポイント増の84.6%だった。

日本航空 2018年 国際線利用実績

方面 旅客数 前年比 RPK
(千キロ)
前年比 ASK
(千キロ)
前年比 利用率 前年比
米大陸 1,302,324 106.2% 12,418,264 106.2% 15,393,103 103.7% 80.7% +1.9pts
欧州 738,291 103.5% 6,649,489 103.5% 7,841,537 101.1% 84.8% +2.0pts
東南アジア 3,481,029 104.7% 13,344,104 105.3% 16,252,012 106.0% 82.1% -0.6pts
オセアニア 212,444 133.4% 1,690,071 135.1% 2,099,760 135.2% 80.5% +0.0pts
ハワイ・グアム 1,197,673 111.5% 6,682,614 107.9% 8,452,941 111.9% 79.1% -2.9pts
韓国 592,578 98.4% 677,042 97.6% 794,273 91.4% 85.2% +5.4pts
中国 1,556,296 112.4% 2,871,062 111.6% 3,394,472 102.0% 84.6% +7.3pts
合計 9,084,479 107.0% 44,337,355 106.8% 54,232,776 105.9% 81.8% +0.8pts
*1 一部に他社によるJL運航便の販売分を含む 
*2 一部数値・前年比は推計値の可能性あり

国内線は0.8%増、利用率は1.0ポイント増

 国内線の2社合計の旅客数は0.8%増の7423万1135人となった。ASKは0.2%減、RPKは1.2%増で、利用率は1.0ポイント増の70.5%だった。

 このうちNHは旅客数が0.2%減の3967万9300人、ASKは1.1%減、RPKは0.9%増、利用率は1.3ポイント増の69.4%。JLは旅客数が2.0%増の3455万1835人で、ASKは1.1%増、RPKは1.7%増、利用率は0.4ポイント増の72.1%だった。旅客数はNHが、利用率はJLがそれぞれ上回った。

日系航空会社2社 
2018年 国内線運航実績

  全日空 日本航空 合計
旅客数(人) 39,679,300 34,551,835 74,231,135
前年比 99.8% 102.0% 100.8%
旅客輸送量
(千キロ)
36,542,091 25,958,285 62,500,376
前年比 100.9% 101.7% 101.2%
座席供給量
(千キロ)
52,620,072 35,988,425 88,608,497
前年比 98.9% 101.1% 99.8%
利用率 69.4% 72.1% 70.5%
前年比 +1.3pts +0.4pts +1.0pts

 

12月の国際線は0.9%増、NHは引き続き減少

 12月単月の国際線の運航実績では、2社の旅客数の合計は前年比0.9%増の157万8349人となった。ASKは1.2%増、RPKは2.2%増で、利用率は0.8ポイント増の77.6%だった。

 このうちNHの旅客数は2.0%減の83万2160人で、ASKは1.4%減、RPKは0.9%減、利用率は0.5ポイント増の77.3%。B787型機のロールスロイス製エンジンの点検などの影響で、10月28日の冬ダイヤから、中部/上海(浦東)線や関空/香港線を運休、成田/ロサンゼルス線や関空/成都線を減便したことなどが減少の要因とみられる。JLの旅客数は4.4%増の74万6189人で、ASKが4.4%増、RPKが6.1%増、利用率が1.3ポイント増の78.1%となった。旅客数はNHが、利用率はJLがそれぞれ上回った。

日系航空会社2社 
2018年12月 国際線運航実績

  全日空 日本航空 合計
旅客数(人) 832,160 746,189 1,578,349
前年比 98.0% 104.4% 100.9%
旅客輸送量
(千キロ)
4,230,292 3,631,686 7,861,978
前年比 99.1% 106.1% 102.2%
座席供給量
(千キロ)
5,475,292 4,649,697 10,124,989
前年比 98.6% 104.4% 101.2%
利用率 77.3% 78.1% 77.6%
前年比 +0.5pts +1.3pts +0.8pts

 方面別の旅客数では、NHは「欧州」が5.1%増の7万1912人と前年を上回った。「アジア・オセアニア」は2.2%減の58万7980人、「北米・ホノルル」は4.3%減の17万2268人だった。利用率は全方面で前年を上回っており、最も高かったのは「アジア・オセアニア」で前年並みの80.0%。利用率の伸び率が最も高かったのは「欧州」で1.3ポイント増の75.5%だった。

全日空 2018年12月国際線利用実績

方面 旅客数 前年比 RPK
(千キロ)
前年比 ASK
(千キロ)
前年比 利用率 前年比
北米・ホノルル 172,268 95.7% 1,509,674 95.1% 2,023,828 94.5% 74.6% +0.5pts
欧州 71,912 105.1% 680,721 105.1% 901,411 103.3% 75.5% +1.3pts
アジア・オセアニア 587,980 97.8% 2,039,896 100.3% 2,550,054 100.4% 80.0% +0.0pts
合計 832,160 98.0% 4,230,292 99.1% 5,475,292 98.6% 77.3% +0.5pts

 JLの方面別の旅客数は、「東南アジア」が最も多く1.7%増の30万986人。「韓国」は10.6%減の4万6290人、「オセアニア」は4.1%減の1万8332人で、ともに前年を下回った。伸び率が最も高かったのは「ハワイ・グアム」で21.2%増の9万7222人だった。利用率が最も高かったのは「東南アジア」で0.3ポイント減の84.3%。利用率の伸び率が最も高かったのは「米大陸」で、6.1ポイント増の75.4%だった。

日本航空 2018年12月国際線利用実績

方面 旅客数 前年比 RPK
(千キロ)
前年比 ASK
(千キロ)
前年比 利用率 前年比
米大陸 104,812 113.4% 999,913 113.7% 1,325,933 104.4% 75.4% +6.1pts
欧州 55,368 101.5% 502,559 101.8% 639,393 97.7% 78.6% +3.1pts
東南アジア 300,986 101.7% 1,166,609 101.9% 1,383,463 102.3% 84.3% -0.3pts
オセアニア 18,332 95.9% 145,787 95.6% 176,730 94.8% 82.5% +0.7pts
ハワイ・グアム 97,222 121.2% 537,740 114.8% 771,216 120.5% 69.7% -3.5pts
韓国 46,290 89.4% 52,757 88.3% 66,772 90.2% 79.0% -1.7pts
中国 122,946 101.9% 226,050 101.4% 285,902 103.7% 79.1% -1.8pts
合計 746,189 104.4% 3,631,686 106.1% 4,649,697 104.4% 78.1% +1.3pts
*1 一部に他社によるJL運航便の販売分を含む 
*2 一部数値・前年比は推計値の可能性あり

国内線は3.3%増、利用率は1.8ポイント増

 国内線の2社合計の旅客数は3.3%増の603万696人となった。ASKは1.3%増、RPKは4.1%増で、利用率は1.8ポイント増の67.6%だった。

 このうちNHは旅客数が2.1%増の319万8818人で、ASKは1.0%増、RPKは3.0%増、利用率は1.3ポイント増の66.4%だった。JLは旅客数が4.7%増の283万1878人で、ASKは1.6ポイント増、RPKは5.6%増、利用率は2.6ポイント増の69.3%。旅客数はNHが、利用率はJLがそれぞれ上回った。

日系航空会社2社 
2018年12月 国内線運航実績

  全日空 日本航空 合計
旅客数(人) 3,198,818 2,831,878 6,030,696
前年比 102.1% 104.7% 103.3%
旅客輸送量
(千キロ)
2,943,209 2,138,835 5,082,044
前年比 103.0% 105.6% 104.1%
座席供給量
(千キロ)
4,432,052 3,085,034 7,517,086
前年比 101.0% 101.6% 101.3%
利用率 66.4% 69.3% 67.6%
前年比 +1.3pts +2.6pts +1.8pts

 

情報提供:トラベルビジョン