JALが野村総研と新会社、「どこかにマイル」に続くサービスを開発

 

 

 日本航空(JLと野村総合研究所(NRI)は2月4日、共同出資による新会社「JALデジタルエクスペリエンス」を設立した。JALとNRIはこれまでにも、国内線の特典航空券の目的地をシステムが自動で決めるサービス「どこかにマイル」を共同開発し、2018年度のグッドデザイン賞を受賞している。資本金は1億4000万円で、出資比率はJLが51%、NRIグループが49%。今後は4億7500億円まで増資する。

 新会社はJLの顧客基盤やサービスと、NRIグループが持つデータアナリティクスやAIなどのデジタル・テクノロジーを合わせて、「旅先や日常生活において豊かな体験や新たなライフスタイルをパーソナライズした形で提案するサービス」を開発する予定。第1弾のプロジェクトとして、今秋に新たな会員組織を創設し、様々な企業との提携により「お客様の日常生活に寄り添ったサービス」を展開するとしている。JLが今年1月に設立したコーポレート・ベンチャーキャピタルファンドのJapan Airlines Innovation Fundとも連携する。

 なお、新会社はJL本社に置き、代表取締役としてJLの三須基樹氏、野村総合研究所の中村博之氏の2氏が就任する。

情報提供トラベルビジョン