デルタ、成田/シアトルにA330-900neo、日本初

デルタ、成田/シアトルにA330-900neo、日本初

 デルタ航空(DL)は8月31日から、成田/シアトル線にA330-900neo型機を導入する。A330-900neo型機の日本への就航はこれは初となる予定。座席数はデルタ・ワンスイート29席、デルタ・プレミアムセレクト28席、デルタ・コンフォートプラス56席、メインキャビン168席の計281席。

 DLは、3月2日より成田/シアトル線にA350-900型機を導入し、また4月2日には関空/シアトル線を開設するなどシアトルへの路線を増強中。DLによるとハブ空港であるシアトル・タコマ国際空港からはピークで1日あたり150便以上を運航しているほか、現在建設中の国際線到着施設の完成によりパスポートコントロールの迅速化や手荷物受け取りの簡易化も実現する計画という。