日本航空、キャセイドラゴンとコードシェア、計8路線で

日本航空(JL)は、キャセイドラゴン航空(KA)とのコードシェア運航を開始する。対象はKAが香港から運航する羽田、福岡、沖縄の各路線と、同じくKAによる以遠のベンガルール、コルカタ、ダッカ、ペナン、チェンマイの合計8路線。JLはキャセイパシフィック航空(CX)ともコードシェアしており、以遠路線は、CXのムンバイやパース、スラバヤ、マーレなど10路線に今回のKA運航分を加えて15路線となる。
 なお、KAとのコードシェアは5月29日からの予定で、22日には対象便の予約受付と販売を開始する。

情報提供:トラベルビジョン