ANAが約10年ぶりに新シート、建築家・隈研吾氏とコラボ【フォトニュース】

全日空(NH)は今夏から、長距離国際線の主力機であるB777-300ER型機の機内仕様を一新し、新シートを導入する。NHが新シートを発表するのは、2009年11月にサービスブランド「Inspiration of Japan」とともに発表して以来、約10年ぶり。機材への搭載に先立って7月11日にはメディア向けに新プロダクトの発表会と機内内覧会を開催。

 今回のリニューアルでは、建築家の隈研吾氏とイギリスのデザイン会社「Acumen」にデザイン監修を依頼。発表会の挨拶でNH代表取締役社長の平子裕志氏は、「洗練さと日本の魅力を兼ね備えた最上級の空間を実現できた」と喜びを語った。

続きはこちらから

情報提供:トラベルビジョン

TOPICS
カテゴリ