ANAとJAL、19年上半期国際線は旅客数横這い、利用率微減

 全日空(NH)と日本航空(JL)がこのほど発表した2019年上半期(1月〜6月)の国際線運航実績によると、2社の旅客数の合計は前年比でほぼ増減なしの947万5693人(前年同期は947万4262人)となった。

続きはこちらから

情報提供:トラベルビジョン