羽田、米国側の配分が正式決定、路線便数に変化なし

 米国運輸省(DOT)は現地時間8月9日付で、2020年夏の就航が予定される羽田国際線増枠分のうち、米国側の12便の配分を正式決定した。5月に発表した仮決定から変化はなく、デルタ航空(DL)が5便、ユナイテッド航空(UA)が4便、アメリカン航空(AA)が2便、ハワイアン航空(HA)が1便を手にした。

 仮決定の発表以降、ロサンゼルス用に2便が配分されたことについて、3便の希望のうち1便しか得られなかったHAが市場規模などを根拠にホノルル線への振り替えを要望したほか、A.B.ウォンパットグアム国際空港局(GIAA)がUAのグアム線の実現を再考するよう求めたが、DOTはいずれも退けた。

 今後については、来年3月29日から90日以内に配分された枠を利用して路線を開設することが定められており、就航後も90日間運航しなかった場合にはDOTが回収再配分することが明記されている。

 

情報提供:Travel Vision