成田、全ターミナルで「スマートチェックイン」、順次導入へ

成田、全ターミナルで「スマートチェックイン」、順次導入へ

  • 2019年8月19日(月)  情報提供:トラベルビジョン

 自動手荷物預け機は、自動チェックイン機とともに集中的に配置する「Smart Check-inゾーン」を設ける予定。現在の参加予定航空会社は15社だが、今後も対応企業を増やしていきたいという。

自動手荷物預け機 導入予定台数・時期

ターミナル 導入台数 導入予定時期
第1ターミナル南ウィング 20台(国際線) DゾーンE側(2019年夏)
DゾーンC側(2019年秋)
第1ターミナル北ウィング 8台(国際線) DカウンターC側(2019年秋)
第2ターミナル 28台(国際線) Oカウンター(2019年秋)
Hカウンター(2020年早春)
Mカウンター(2020年春)
Eカウンター(2020年夏)
第3ターミナル 16台(国際線及び国内線) Dカウンター(2020年早春)
Cカウンター(2020年夏)
 

「Smart Check-in」参加予定航空会社

ターミナル 航空会社
第1ターミナル南ウィング(4社) 全日空/ニュージーランド航空/スカンジナビア航空/エチオピア航空
第1ターミナル北ウィング(3社) KLMオランダ航空/エールフランス航空/アリタリア-イタリア航空
第2ターミナル(6社) 日本航空/キャセイパシフィック航空/アメリカン航空/カンタス航空/エミレーツ航空/フィンエアー
第3ターミナル(2社) ジェットスター・ジャパン/ジェットスター航空