中部、7月の国際線旅客が2割増、11ヶ月連続プラス

中部、7月の国際線旅客が2割増、11ヶ月連続プラス

  • 2019年8月28日(水) 情報提供:トラベルビジョン
  •  中部国際空港の2019年7月の利用実績(速報値)で、国際線の旅客数は前年比22%増の60万1400人となった。7月単月の記録を更新したほか、11ヶ月連続でのプラス成長となった。国内線も8%増の58万860人と好調で、こちらも10ヶ月連続で前年を超えた。

 なお、国際線のうち日本人旅客は13%増の27万300人で、外国人旅客は32%増の32万9600人。日本人旅客の2桁増は2月から6ヶ月連続となる。