キャセイ、11月からエコノミー機内食刷新、まずは長距離線

 キャセイパシフィック航空(CX)はこのほど、エコノミークラスで新たな機内食の提供を開始した。香港の「ブラックシープ・レストラン」グループと共同開発し、メニューは同グループ傘下のレストランで人気という南アジア料理やベトナム料理をベースに考案。例えば前菜で「ニョクチャムドレッシングを添えたほぐした蒸し鶏とキャベツのサラダ」、主菜で「スパイシーなローストかぼちゃと玄米を添えたメキシコ風ポークバーベキュー」などを提供する。

 まずは11月から香港発の長距離路線で提供を開始し、今後は日本路線を含む中距離、近距離路線へも拡大していく計画だ。

情報提供:トラベルビジョン