ルフトハンザ、鉄道との接続強化-LXは駅での手荷物預け入れなど検討も

 ルフトハンザ・グループは12月中旬以降、ドイツ鉄道(DB)と共同で、フランクフルト空港とケルン、デュッセルドルフ、シュトゥットガルト、アーヘン、ウルムを繋ぐルフトハンザ・エクスプレス鉄道路線を増便する。ICE(インターシティエクスプレス)への接続を追加し、鉄道とフライトの乗り継ぎをよりスムーズにできるようにするという。

 12月中旬のダイヤ変更後、ケルン中央駅からフランクフルト空港へ向かうルフトハンザ・エクスプレス鉄道の便は週77本を119本に増便。デュッセルドルフへの路線ではICE列車の運行本数を105本に倍増し、シュトゥットガルトは週77本を運行。アーヘンとウルムは週42本と週49本のエクスプレス鉄道が走ることとなる。

 ルフトハンザ・エクスプレス鉄道は航空券と組み合わせて予約可能で、利用するとマイルの獲得も可能。列車とフライトそれぞれで遅延が発生した場合は、、予約変更を無償で受け付ける。ビジネスクラス旅客はDBの一等車とラウンジを利用可能だ。

続きは以下参照。

情報提供:トラベルビジョン