JAL、羽田9路線の新設を発表、ホノルルに2枠-成田は「今後もカギ」

 日本航空(JL)は11月19日、羽田の昼間時間帯国際線発着枠の配分を受け、来年の3月29日に新たに開設する9路線を発表した。米国路線はシカゴ、ダラス、ロサンゼルス、ホノルルへの4路線を開設し、そのほかヘルシンキ、モスクワ(シェレメチェボ)、シドニー、デリー、大連線を開設する。ホノルル線は2枠を充てて1日2便を運航し、その他はいずれも1日1便。既存の羽田/ニューヨーク、上海(浦東)線については1日1便から2便に増便する。11月20日から順次販売を開始する。

続きは以下参照

情報提供:トラベルビジョン