JAL、ロイヤルブルネイ・MIATモンゴルとコードシェア開始へ

日本航空(JL)は2月17日からロイヤルブルネイ航空(BI)と、3月31日からMIATモンゴル航空(OM)と、それぞれコードシェアを実施する。JLは2017年3月末の8.10ペーパー失効後、所属するワンワールドの加盟会社以外との提携を急拡大しているところ。BIとOMはともに3大アライアンスには属していない。

 BIとは、同社がA320型機で週4便を運航中の成田/バンダルスリブガワン線でコードシェアを実施。予約受付と販売は17日に開始する。

 OMとは、まずは3月31日に、同社が週5便で運航する成田/ウランバートル線と、週2便で運航する釜山/ウランバートル線の釜山発便のみでコードシェアを開始。その後はOMが7月1日から8月30日までの期間限定で運航する、週2便の関空/ウランバートル線でもコードシェアを実施する。予約受付と販売はいずれも3月24日に開始する。

情報提供:トラベルビジョン

TOPICS
カテゴリ