ANAHDと全日空が組織改正、4月1日付

 ANAホールディングス(ANAHD)と全日空(NH)は3月13日、4月1日付けで実施する組織改正を発表した。

 ANAHDは、意思決定の迅速化と業務効率化のため「広報・コーポレートブランド推進室」を廃止。また、アバターに関する事業会社を新設するため、「アバター準備室」を解消する。さらに「CSR推進部」は「サステナビリティ推進部」と改称。このほか、「グループD&I推進部」を新設し、ダイバーシティとインクルージョンの推進機能を強化。「CSR・リスクマネジメント・コンプライアンス会議」の名称は「グループESG経営推進会議」に変更する。

 一方、NHでは「人財戦略室」を廃止し、「人事部」と「労政部」を担当の取締役直轄の組織とする。また人事部の下に「ANA人財大学」を置く。また、人財戦略室人事部の「D&I推進室」を「D&I推進部」として独立。

続きはこちらから

情報提供:トラベルビジョン