JALグループも最終利益65%減、コロナで打撃-19年度業績

JALグループは4月30日、2020年3月期(19年4月1日~20年3月31日)の通期連結業績を発表した。売上高は今年に入ってからの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響などにより、前年比5.1%減の1兆4112億3000万円と前年を割り込み、各利益も営業利益が42.9%減の1006億3200万円、経常利益が38.0%減の1025億7100万円、純利益が64.6%減の534億700万円と大きく減少した。同社は22日に、1月末に発表した通期予想を下方修正したところ(関連記事)。

 第3四半期までの業績は、売上高についてはゴールデンウィークに10連休があったものの、米中貿易摩擦の影響などもあり前年並みで推移。利益面は羽田新路線の増加に伴う先行投資などにより、いずれの項目も2桁減で推移していた。しかし第4四半期については営業損失195億円を計上。ANAホールディングスの営業損失580億円超に比べれば小幅ではあったものの、12年の再上場後では初めて、四半期の営業赤字を計上した。

 なお、営業利益については19年度から航空部品などの償却方法を変更したため、変更しなかった場合の通年の営業利益は38.3%減の1086億円と、下げ幅は若干小さくなる。

 

続きはこちらから

 

情報提供:トラベルビジョン