ユナイテッド、中部/グアム線を週11便に増便、関空線で臨時便も

ユナイテッド航空(UA)は12月2日から2019年3月30日まで、1日1便で運航中の中部/グアム線を週11便に増便する。需要の増加を受けて増便するもので、火、木、土、日曜日の夜に運航する。加えて、関空/グアム線で11月1日から12月16日までの期間、往復8便の臨時便を運航する。使用機材は両路線ともB737型機。7月16日から航空券の販売を開始した。

 UAは昨冬ダイヤから、北朝鮮問題などで日本人のグアムへの旅行需要が減少したことを受け、日本/グアム線の一部を欠航。今年に入ってから運休や減便、機材の小型化を実施し、座席供給量を減らしている。中部線と関空線は夏ダイヤから、今までの1日2便から夜便を運休して1日1便に減便している。

 今回の増便と臨時便の運航について、UA日本・太平洋地区営業担当支社長のアリソン・エスプレイ氏はコメントを発表。「UAの日本およびグアム市場に対する強いコミットメントを明確に表すもの」と説明するとともに、「日本の皆様により便利にかつ快適にグアムへお越しいただけるようになると確信している」と話した。

 なお、UAは中部線と成田線について、夏の繁忙期の需要の取り込みをねらい、8月2日から27日まで、臨時便を20往復運航する予定。10月28日からは、小型化していた成田/グアム線の機材の一部を大型化する。

 中部線と関空線の運航スケジュールは以下の通り。

▽中部・関空/グアム線 運航スケジュール

・中部/グアム線 増便分(12月2日~19年3月30日)
UA172便 NGO 20時50分発/GUM 01時25分着※翌日(火・木・土・日)
UA171便 GUM 17時00分発/NGO 19時55分着(火・木・土・日)

・関空/グアム線 臨時便(11月1日、6日、13日、29日、12月4日、13日、15日、16日)
UA178便 KIX 21時00分発/GUM 01時35分着※翌日
UA177便 GUM 17時00分発/NGO 20時05分着

 

情報提供:トラベルビジョン

成田空港、1タミに航空会社共用ラウンジをオープン

成田空港は、第1ターミナル第1サテライトに航空会社共用ラウンジ「NARITA PREMIER LOUNGE」を7月24日にオープンする。

 広さは930平方メートルで148席を用意し、シンプルなデザインをベースに「和」を感じる空間を演出した。

 食事やソフトドリンク、アルコールに加えハラールミールも提供する。そのほか新聞、雑誌、無料WiFi、トイレ、シャワーを完備。営業時間は8時から21時。

 利用対象者は、ファーストクラス、ビジネスクラスの利用者や、各航空会社が指定するマイレージプログラム上級会員など。

 

情報提供:トラベルビジョン

JAL、特典航空券の制度変更、マイル追加で座席確保可能に

日本航空(JL)は12月、JALマイレージバンク会員向け特典航空券制度を一部変更し新たに「JAL国際線特典航空券PLUS(PLUS)」を導入する計画だ。従来の国際線特典航空券でキャンセル待ちになっていた場合でも、マイルを追加することで座席の確保が可能となる。

 一方、PLUSの導入にともない、エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスのキャンセル待ちは不可となる。ファーストクラスは対象外。予約の変更も不可となり、旅程を変更する場合は、取り消し・払い戻しのうえ、新たに予約が必要となる。払戻手数料は税込で3100円。

 基本マイル数に関しての変更はなく、一部の路線においては基本マイル数を従来より少なく設定する。

 新規予約に関しては10月4日から、国際線・国内線ともに出発前日までに延長する。国内特典航空券の予約変更はこれまで通りで、搭乗日当日に予約便より早い出発時刻の便に空席がある場合、チェックインカウンターで変更手続きができる。

情報提供:TRAVEL VISION